お久しぶりです!
ここ1週間バイクの走行距離が酷いギンザケです。
先週は島根・・・もといほぼ鳥取との県境近くまで行きましたし、一昨日は愛媛に旅に行って来ました。
そう、愛媛です。
「そうだ、愛媛行こう。えひめ」
となぜか思い立ち、特に計画も何もなしに愛媛に行って参りました。

ということで今から愛媛旅レポートが続きますが、イラストに関しての話題は一切ないので「お前の旅なんざどうでもいいからもみじもみもみ」な人はスルーしてくださって構いません。




20120928 (1)
28日の22:00。小倉港を出港。
初めて個人で乗るフェリーでDOKI☆DOKIしながら、甲板でしばらく黄昏れてました。そして2時頃に眠くなり部屋に戻って寝ようとしたら、雑魚寝部屋の隣のおじさんのいびきで眠れない夜を過ごしたのでした。


20120929 (1)
そして翌日29日5:00。松山観光港に到着!
ぶっちゃけ寝てないので、旅が始まる以前から顔が死んでました(´・ω・`)


20120929 (2)
とまぁ、気を取り直してぶらり気ままな愛媛旅のスタートです。
ちなみに現在時刻06:15。
生憎となぜか私が行動する日に限って台風が来てしまい、朝6時の時点でめちゃくちゃ空が曇ってました。ただし雲の位置が低いので山の谷間に引っかかってたりでなんか景色としては面白かったです。


20120929 (8)
ちなみに今回の旅、初日は予てよりネットで交流のあったオフ友に無理やりガイドをお願いしておりまして、その人との待ち合わせ時間までは3時間以上ありその前に一人で行きたかった所はある程度回っておきました。そんなわけでここは行きたかった場所の一つの白猪の滝です。
本当の白猪の滝はバイクを降りてかなり山奥まで入らないといけず、そんなことしてたら他の場所を回れなくなってしまうので入り口にあった写真の場所を勝手に白猪の滝ということにしておきました。雨ふりそうだったしね!


20120929 (16)
そしてお次は近くにある鞍瀬渓谷・・・のはずです(
いやはや、曖昧な場所をカーナビに設定しておいてしまって確かに鞍瀬渓谷なんだけど鞍瀬渓谷ってどの辺を見ればいいの?的な状況になりましてですね。
とりあえず重たい車体で山を登って行き止まりまで突っ走りました。雲が降りてて先が見えないしすごくさむかったです(小感並


20120929 (20)
ですが途中で見つけた川はとんでもなく綺麗でした。
写真では水が青緑なんですが、実際はこんなもんじゃなくもっと透き通っていて水色っぽかったです。
ッベーマジッベーわ。

しばらく山を探索してるとちょうどいい時間になったので待ち合わせ場所の道後温泉へと直行。直行といっても1時間はかかりました(´◉◞౪◟◉)
そして道後温泉に着くもバイクを止められそうな場所がなぜかラブホ集合地帯しかなく「いや、さすがにここで待ち合わせるのは色々とマズイだろう」と思い、しばらくのろのろ走り回ってるとなんとか待ち合わせ時間まで待てるような場所を発見しました。
そして待ち合わせ時間になり、オフ友と合流。その際の一言「こんなにデカイバイクで来るとは思わなかった」

20120929 (21)
てかここからはしばらく写真が無いので詳しくは割愛させていただくのですが、雨が降ってきたので屋根のある商店街的な場所をグルグル回ったり松山の色々な所を案内していただきました。改めまして松山の案内をしてくれた友人に多大な感謝!

それから夜は初めてのネットカフェで一夜を過ごしました。
いやぁ、なんというかネットカフェすごいですね。うん、なんか凄かった。
ですが宿代1200円ということを考えるとすごく経済的だと思います。ドリンク飲み放題ですし。
本当は台風さえ来なければどこか山奥で野宿するつもりだったんですけどね。野宿はいいですよー。
これからの時期は死ねますけれども(´・ω・`)

そして中途半端な睡眠しかできず、なんというかもう2日連続徹夜みたいな状況で30日07:00を迎えネットカフェを退出しました。正直、バイクに乗るどころか立ってるのが辛かったです。この日は天狗高原なる場所に行く予定だったのですが、台風が愛媛を直撃しちゃって朝から雨ザーザーでした。
ちなみに天狗高原、お分かりの方もいると思いますがこれはもうアレですね。名前が名前なもんで
天狗娘である椛とか文ちゃんとかハタテチャンとかのために行くようなもんです。
ネタです。ネタのために走ります!!

がしかし、外は台風・・・行きたくない・・・。


   な の で カ ッ パ を 革 ジ ャ ン の 上 か ら 羽 織 り 
                                      松 山 を 出 発 ! ! 



と、ドM精神を奮い立たせ、突き刺さる雨にめげずに走ります。
台風の中、ワタクシ睡眠不足でなにをやっているんでしょうかと暴風雨と闘いながらひたすら山道を走ってました。うん、本当にナニしてるんだろ。
途中の誰もいない山間でガス欠になりかけて「ヤベェ!!マジヤベェ!!ダレカタスケテ!!」とリザーブタンクの残りと相談しながらひたすら少燃費走行したり、これまた山間の道の駅で「雨止まないかなー」と屋根のあるベンチで雨宿りして気づいたら2時間近くそこで寝てしまってたり、掃除のおばちゃんから台風情報と目的地の情報を教えてもらったり。

そして酷かったのが四国カルストに行くための途中の酷道でした。
酷道でしたら普段から謎のドM精神カーナビの陰謀で走り慣れているのですが、今回は別次元。なんかもう大雨で道路が滝みたいになってたり、てか右側の崖が滝になってるし、サルが普通に道路でたむろってたり、落石ありまくりでしたし、傾斜がキツく常にローギアじゃないと前に進めなかったり、もはや誰も通っていないので舗装は荒れ果て、落ち葉と小枝でタイヤはギスギスいいますしなんかもうヤバかったです。アメリカンで行くような場所ではありませんでしたね。ありゃオフロード専用の道だ。
おまけに標高が高いですのでヤバイぐらい寒かったです。濡れるし寒いしガードレールなんてものがあるわけなく少しでも気を抜けばむき出しの谷へと突っ込んでしまうという極限状態でした。ほんと、台風の日に見知らぬ土地でなにやってんだろう。

そんなこんなで体力&精神ゲージをガリガリ削られながらもようやくまともな道へと抜けることに成功!
ここからようやく雨が弱まり、カメラが復活します。


20120930 (1)
20120930 (2)
酷道抜けてすぐの場所で高知県へと突入しました。
あれ・・・?ぼく愛媛に旅に来たんだよね・・・?
まぁそんなことは気にせず、2つの県にまたがるバイクの写真を撮っておきました。あと、この時点から霧というか雲というか、もはや20m先が見えないエリアへと突入していきます。まさしくフロンティア!!


20120930 (3)
寒さにガクブルしながらしばらく走ってると「モー」というのが聞こえ、
何気なしに左を見るとなんかいっぱいいました((((;゚Д゚))))


20120930 (4)
見てくださいこの牛の挑発的な視線!
まるでここまで来た私を「なに台風の中マジでこんなとこまで来てんのバカジャネーノ?」と見下しているようですね。それからさり気なくその左の黒い牛もそっぽを向きつつ、よく見るとすごいカメラ目線です。牛ってカメラ目線なんですね。


20120930 (10)
そんなこんなで牛に別れを告げ、走っているとやや青空が見え隠れしてきました。
いったんこの辺でセーブしておくかと、バイクを降りて10分ほど休憩。
ちなみにバイクの向こう側は殆ど崖みたいなことになってます。
セーブポイントで体力をほんの少しだけ回復した後は、ひたすら走ります。
霧が更に濃くなってもはや目の前が真っ白で5m先が見えないうえに、高原特有(?)の暴風で死にかけながらもひたすら走りったところ


20120930 (12)
天狗トンネル!!!
ここまで来たということは天狗高原もすぐそこのはずです。
「ようやくここまで来たんだなぁ」と感動しつつも走ると


20120930 (14)
見つけました、天狗高原!!
ちなみに看板の後ろは霧ですごいことになってます。たぶん、この辺が霧のピークだったと思います。


20120930 (16)
別角度から。
本当はこの看板の後ろに雄大な景色が見えるはずなのですが、もはや何も見えない!!


20120930 (17)
それからすぐに見つけました、今回の最終目的地「高原ふれあいの家 天狗荘」
人のいない高原で天狗の家で宿泊でお食事でふれあいとか、なんかもういやらしさたっぷりですね!
当然、私は椛を指名します! あ、でも文ちゃんもいいですね。
せっかくだからあやもみ丼を俺は選んでふれあいするぜぐへへへ

もう眠気がテンション振りきってしまってたんですね。しょうがないですね。
てか、今回じつはこの看板の写真を取るだけの為に台風の中、酷道をひたすら走り回ったという裏話がですね・・・。


20120930 (20)
とりあえず濃霧の中駐車場まで行って記念にここまで頑張ってくれた愛車をパシャリ。この時点ですでに装備品は
すべてびしょ濡れとなってました。


20120930 (19)
がしかし、私の到着を天狗高原が歓迎するかのように雲が瞬く間に晴れていきます!
きっと文ちゃんが風を起こしてくれたんですね。
ていうかほとんどの雲は自分よりも下の位置に存在してました。


20120930 (21)
上が革ジャンに下がカッパとブーツという謎の組み合わせで、
一人ポーズをつけてセルフ写真を取る20歳男性の図。一人でやっていて悲しくなかったって?
   も は や こ こ ま で 来 る と そ ん な こ と は 
                        ど う で も よ く な っ て き ま す ね ! ! !



20120930 (25)
20120930 (27)
20120930 (30)
20120930 (31)

それからしばらく写真を無言で撮り続けます。
カメラがちゃっちいのしかなくて悔しい!! 実際に見た光景はこんなレベルではありませんでした。なんというかもう絶景です。いつか一眼レフを買います。
あと、やっぱり生でこういう雄大な景色を見るとすごく風景画の参考になりました。
空気感とかすごい肌で実感できます。


20120930 (33)
20120930 (35)
とりあえず天狗荘でお土産に買った地酒「てっぺん四万十」をそれっぽく撮ってみる。
美味しそうに見えたら幸いです。


20120930 (36)
20120930 (39)
20120930 (42)
20120930 (47)
それから再び無言で写真を撮りまくります。
すぐ隣にススキ野がありましたので、そこまでバイクを走らせてパシャリ。
しばらく高原独特の雰囲気と、台風という最悪の天気の中最悪の道をその道に最も適していないバイクで走ったんだという達成感に浸った後に帰路につきます。


20120930 (50)
行きは霧で気づかなかったのですが、すぐ隣に風車がありました。
がしかし、そこはものすごい強風で踏ん張ってないとマジで飛ばされそうな場所でした。


20120930 (51)
晴れ間も出ていたことと道を変えたことで行きの苦労が嘘のように簡単に酷道ゾーンを超え、人里エリアへと来ましたところで、これまた悪天候では余裕がなくて気が付かなかった面白建物。
ごうかく駅て。何が合格するかは分かりませんが、とりあえず写真とっときました。ちなみに窓ガラスにはたくさん合格祈願シールが貼ってありました。

それから先は特に休憩を取ることもなく、一直線に松山観光港を目指して走ってましたが、下界に来ると雨が突然降り始めとりあえずカッパを再び装着して走ります。がしかし都会エリアまで来ると雨は止み、「雨も降っていないのにカッパを着てアメリカンに跨る変な人」になってしまいました。でももはや他人の視線なんざ気にするような精神なぞ
途中で捨てました。


20120930 (54)
そして松山観光港へと到着!
夕日をバックに愛車をカメラに収めます。
なんか無駄にドラマティックですね。ドラマティック止まりません。


20120930 (57)
おおっとここで「人の目も気にせずセルフカメラでポーズを決める20歳男性」の登場だぁーーっ!!!


20120930 (60)
そんなこんなして遊んでいる内に日は沈み、18:00に。
もうあとはフェリーに乗って帰るだけです。
・・・がしかし、乗船が21:00からなので3時間も船着場で待つことになりました。
その間に道後温泉に行こうかなと考えていたんですが、高原から帰ってきてクタクタな上にバイクを止められる場所もないのでやむを得ず道後温泉は諦めることに。
とりあえず睡眠不足を補うために切符売場で2時間ほど寝てました。
20:30からはなぜか親しくなったスーパーカブ乗りのおじさんとずっと話して時間を潰していました。
やっぱバイクって見知らぬ人と趣味を通して親しくなるっていう楽しみもありますよね。


20120930 (61)
そして21:00になってフェリーへと乗り込み、お世話になった愛媛県にサラダバー。
写真はフェリーの煙突?的な場所が下からのライトアップ綺麗だったので写真撮ったのですが、改めて見るとなんか世紀末みたいですねこれ(笑)

ちなみに帰りの便でも隣のおじさんのいびきがうるさくて、ぜんぜん寝れませんでしたとさ☆


そんなこんなで今回の愛媛の旅は終わりです。
いやぁ、なんというか私の語彙が少ないせいでまるで小学生の夏の読書感想文みたいなレポートになっていますが、本当に今回の旅は楽しかったです!
同じ日本でも少し違う場所に行くとこうも景色が変わってみえるもんですね。フロンティア!
それから自分でも今回の旅を通して何かしら成長したような気がします。他人の目を気にしなさすぎになったり、台風の中を暴走する自身がついたり。
ってかもはや2日目とか「ぶらり気ままな愛媛旅」というより「藤岡弘探検隊~愛媛の幻の秘境テングコウゲンを探せ~」って感じでした。


さぁ、次は京都だ・・・!!!



それでは長々とレポート続けましたが、最後まで読んで頂き誠にありがとうございました!
どこかしら旅をする時はTwitterとかで呟いたりしていますので、「しゃーねーなぁ!おいボウズ今夜ウチに泊まっていきな!!」とか「か、勘違いしないでよね! 私はアンタにただ私の町を紹介してあげるだけなんだから! 別に好きでガイドしてるわけじゃないんだから!!」などなど言っていただければお言葉に甘えますので!!

でわでわ。